日別アーカイブ: 2017.10.07

日本茶の専門店【東京茶屋】にお邪魔して来ました。

日本各地から仕入れた単一農園・単一品種の≪シングルオリジン≫をバリスタがハンドドリップで

提供してくれるお店です。

茶室を漂わせる空間の中で、茶葉を眺めながらいただく日本茶。

1杯目は確か70℃くらいの温度でいっぷく。次は温度が高めに変わり、香りも味も深みを増す2杯目。

ドリップの陶器も茶葉のパッケージも天井の間接照明まで、統一されたデザインのシンプルさに

ゆったり楽しませていただきました。

経営はデザイン会社。

まさしく、デザインとコンセプトの重要性を学ばせていただきました。

そして、その空間に居たバリスタの彼。東北出身で東京で勉強して大好きな珈琲と日本茶の話を

始めると愛くるしいくらいの笑顔になる。

地方でお店をするには?

地方での経営とは?

産地を大切にしたい気持ち・・・など

とても私たちにとっては居心地の良い会話とゆっくりと時が流れる。

ご案内してくださった薬膳の池田佳代先生と

彼の会話を聞いているだけで、何だか心あたたまりました。

志の高い方との出会いは、嬉しいものですね。

東京での癒されたひと時でした。

オーナー 松本美帆

Page Top